電脳空間を泳ぐ

アフィリエイトや日々の思い

ランボルギーニの誘惑

あの日。お買い物の途中に彼女と遭遇した。

地面にへばりつく様にして、彼女が佇んでいる。

 

周りのギャラリーは彼女を見ながら賑やかだが、

当の本人は別に気にした風もない。

とてもクールだ。

 

ああ、この国に彼女が伸び伸びできる場所があるのか?

彼女の魅力をおもいっきり解放させられる場所。

 

青い空の下、半島の海岸線を走りたい。

彼女の魅力を全開にして。

 

コンビニの段差なんてどうしたというのか。

生活なんて言葉は彼女には、似合わない。

 

とても魅惑的な車だ。